最近非常に多いトラブル(№13)

システム警告

最近、インターネット利用中、突然「システム警告」「システム破損」と表示され、ブラザーを閉じられないトラブルが急増しています。
これは「詐欺警告(警告を装った詐欺)」の可能性が高いため、気をつけてください。
そこで、様々なパターンから代表例と解決方法を紹介します。

よくある警告メッセージ内容(代表3例)

詐欺警告- (1)

お使いのパソコンが、実際にはウイルスに感染していない、または特に問題がないにも関わらず、
「お使いのシステムは、現在破損しています」
「Windowsセキュリティシステムが破損しています」
「Windowsシステムが破損しています」

「Windowsシステムが古くなっているか消失しています」
「警告:即時注意が必要です 」
「警告:システムファイルが古くなっています」

「あなたは、Windowsドライバを更新していません」
「あなたのコンピューターでウイルスが見つかりました!」
といった虚偽のメッセージが表示されます。

更に、音声や警告音を鳴らし不安を煽るケースもあります。

● 警告画面のボタンはクリックしないでください。被害を招く危険性があります。
(例)「×」「OK」「更新」「続行」「許可」「修復」「インストール」など

● 電話番号があっても電話しないでください。詐欺集団の窓口に繋がります。

 

詐欺警告メッセージの閉じ方

(1) パソコン画面右下の時刻表示を右クリック
(2) 「タスクマネージャー(の起動)」をクリック
※ 下図はWindows 10。他のWindowsも同じ手順)

詐欺警告タスク終了- (1)

(3) 開いていたブラウザーを探します
Google Chrome、Internet Explorer、Microsoft Edgeなど

詐欺警告タスク終了- (2)

▼ 見当たらない場合は画面左下「詳細」クリック

詐欺警告タスク終了- (3)

(4) ブラウザーを選んで画面右下「タスクの終了」をクリック

(5) ブラウザーを開き直す ⇒ 下図のように「復元」メッセージが出たら「×」で閉じる

詐欺警告タスク終了- (4)

(6) 詐欺警告が出なければ解決です。そのままお使いください
(7) パソコン再起動もお試しください

(8) 詐欺警告が再び出たら、下記の手順をお試しください
① 警告表示タブの右クリックで「新しいタブ」作成
② 警告表示タブの「×」ボタンで閉じる

(9) 上記(5) (6) (7) (8) を試し、詐欺警告が出なければ解決です。そのままお使いください