もはやコチラの常識を押し付ける必要は?-M4

20070427(過去日記)

自分自身は正常と信じ込んでいます。
非常識を常識と、奇行を普通と、黒を白と思い込んでいます。
よって、間違いを指摘して言い聞かせても認識・納得するわけがなく、

毎日がこの繰り返しで、こちらも溜まってきて、
言う必要のない 言ってはいけない「言葉」だと痛く感じながらも言わずにはおれなくなります。

「あんたはな認知症なんや、アルツハイマーやから言うたことも忘れるんや」(嫌味も込めてました。。)

もちろん絶対に信じないし受け入れません。そして

理不尽な言葉でプライドを傷付けられたと怒り、酷く悲しみます。

まあ、傷つけられたことも直ぐに忘れるでしょうから(これに関しては忘れてほしい…)、意味ない不要な問答です。 

彼女にとって、世の中に起こること(目に映ること)は、たとえ100回目でも 絶対に初めてです。

経験が累積しないので、その都度新鮮に喜怒哀楽を感じます。

継続的な時間の流れの中で見たら異常ですが、その瞬間 瞬間は正常です。

視点を変えてみたら彼女は普通で自然です。
 

もはや、こちらの社会の常識を無理に押し付ける必要があるのでしょうか?

彼女はこれからどこへ向かって 歩いて往くのでしょうか。

ワクワクとドキドキ希望と絶望、喜怒哀楽を交叉しながら、 

こちらは
気持ちの整理と心の準備をしながら、つていきます。

 

動ける内に墓参り。 2005年? 2月

05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜 05.02 八幡浜